文字サイズ

広島・ドラ7高木 本塁打王獲る!日本を代表する捕手に 高校通算20発 センス非凡

 広島からドラフト7位で指名された高木翔斗捕手(18)=県岐阜商=が26日、岐阜市内の同校で松本スカウトらから指名あいさつを受けた。高校通算20本塁打で長打力が魅力の大型捕手は将来的な目標に本塁打王獲得を掲げ、球界を代表する扇の要になることを誓った。

 詰め襟姿で背筋を伸ばした高木は、キラキラしたまなざしで将来の青写真を描いた。「打てる捕手を目標にしてきた。ホームラン王を獲れるような選手に、日本を代表するような大きな選手になりたい」。ハキハキとした受け答えの中に、自身への期待がにじむ。その姿はまさに、希望で満ちあふれていた。

 県岐阜商では1年春からベンチ入り。広角に長打が打てる大型捕手として、4番にも座った。春夏連続で出場した今年の甲子園ではいずれも初戦敗退の悔しさを味わったが、最高峰の舞台に立つ“挑戦権”を手にできた。

 高校通算20本塁打。「柔らかい打撃や(体勢を)崩されてもスタンドに入れるところを見せられるように」と意気込めば、松本スカウトも「リストが強く、右にも左にも本塁打を打てる。4番を打てるくらいの力は持っていると思う」と非凡な打撃センスに太鼓判を押した。

 入学当初は182センチで約80キロ。下宿先の近くで、県岐阜商OBが営む喫茶店で3食を済ませるのが日課。そこで1日最低、米2000グラムを食べるノルマをクリアしてきた。「年末年始は2500から3000弱食べていた時もある」と苦笑い。“増量計画”は実を結び、現在は188センチ、92キロ。恵まれた体格も、長打量産への期待をさらに膨らませてくれそうだ。

 同校出身の広島OBには、昨季限りで現役を引退した石原慶幸氏(デイリースポーツ評論家)がいる。「長い間、プロ野球で活躍された先輩が自分の高校の大先輩。その背中を追って、追い越せるような選手になれるように」。献身的な姿勢でチームを支え続けた石原氏。その偉大な功績は自らが歩む指針にもなる。

 岐阜市には戦国時代、織田信長が天下統一への第一歩を刻んだ地・岐阜城がある。「皆さんに『高木を指名して良かった』と思われるような、広島カープを引っ張っていくような選手になりたい」。壮大な野望を胸に、18歳の若武者が広島の地で歴史に名を刻む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス