文字サイズ

広島・一岡竜司 サヨナラ勝ちで4年ぶり白星「すっきりできました」100ホールドP

 サヨナラを呼ぶ力投を見せた一岡(撮影・飯室逸平)
 9回、サヨナラ打を決めた秋山(左側)はガッツポーズ。菊池涼(右側)もナインと歓喜(撮影・田中太一)
 9回に登板して無失点で抑え、勝利投手となった一岡(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島6-5阪神」(6日、マツダスタジアム)

 広島の一岡竜司投手が1回2安打無失点で、18年9月21日の阪神戦以来4年ぶりの白星を手にし、ホールドポイントも節目の100に到達した。

 2-5の九回から登板。2死後に連打を浴びて得点圏に走者を進めたものの、最後は中野を中飛に打ち取った。その裏の攻撃で、秋山がサヨナラ打を放った。

 「2軍で99ホールドポイントが気になっていた。どこかでホールドなり、勝ちたい、切りが良くできたらいいなと思っていた。すっきりできました」

 昨季は一度も1軍登板がなく、今季2年ぶりの出場選手登録を勝ち取った。この日を含め7試合に登板し、失点した試合は1試合しかない。

 右腕は「苦しいときにアドバイスをくれたり、去年1軍で登板がない中でもファームで最多登板、一番投げさせてもらったのに、1軍に上がれなかった。使ってもらった方々に申し訳ない気持ちがある。これからどこまでできるか、わからないけど、そういう人たちに恩返しできるようにしたい」と力を込めた。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス