文字サイズ

照ノ富士が1敗守る 1分を超える大熱戦の末に宇良を破る

 上手投げで宇良を下した照ノ富士(撮影・園田高夫)
 善戦むなしく敗れた宇良が悔しがる(撮影・園田高夫)
2枚

 「大相撲秋場所・10日目」(21日、両国国技館)

 横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は前頭六枚目宇良(木瀬)と対戦。1分31秒にも及んだ大熱戦の末、上手投げで破り、1敗を守った。

 初顔合わせとなった一番。4年ぶりの横綱挑戦となった宇良も奮闘し、最後は裏返しになりながらもまわしをつかみ、驚異的な粘りでこらえた。最後は照ノ富士がしがみつく宇良をひと押しし、勝負が決着した。

 2敗は同六枚目阿武咲(阿武松)、同十枚目妙義龍(境川)の2力士。上位では大関正代(時津風)が大栄翔(追手風)を破り、3敗を守った。大関貴景勝(常盤山)は明生(立浪)に押し出しで勝ち、4連勝で6勝目を挙げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス