文字サイズ

オミクロン株で海外拠点の紀平梨花らどうなる?22日から全日本フィギュア

 フィギュアスケートでは22日から北京五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権(さいたま)が開幕する。政府がオミクロン株の水際対策を強化する中、アイスダンスの村元哉中・高橋大輔組(関大KFSC)や女子の紀平梨花(トヨタ自動車)ら海外を拠点に練習する選手は、早期帰国など対応が求められる可能性が1日浮上した。

 海外拠点選手の帰国便や隔離措置などの詳細について、日本スケート連盟幹部は「スポーツ庁に問い合わせている」と説明。近日中にも方針が示される見込みだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス