文字サイズ

松山英樹 東京五輪へも意欲「できれば金メダルへ」グリーンジャケットで凱旋会見

 米男子ゴルフツアーの「マスターズ・トーナメント」で優勝し、日本人選手として初めて海外メジャー大会を制した松山英樹(29)=LEXUS=が14日、帰国後にリモート形式での会見に出席した。

 優勝者の証であるグリーンジャケットを着て会見に臨んだ松山は、「まだ日本に帰ってきてから誰とも会っていないので、不思議な感じはあります」、「日本に帰ってきてからいろんなニュースを見るたびに、すごいことをしたんだなと実感はしています」と率直な思いを口にした。

 東京五輪の出場、活躍も期待されるところだが、「正直、まだオリンピックがどうなるか分からないというところはありますけど、今のところ順位的に選手には選ばれると思うので、無事開催されて、自分はそれまでも試合あるのでけがに気をつけて。できれば金メダルへ向けてしっかりと頑張りたいと思いますし、そこを目標に頑張りたいと思います」と穏やかに語った。

 マスターズの大会前、「バレロテキサスオープン」に出場した時には、第2日から崩れた時に「なんでこんなに怒っているんだろうと、自分にあきれたというか」と、自身と向き合ったという。表情が柔和だった理由についても「心がけてやっていたというのも、あるとは思うんですけど、状態が上がってきたというところで、ミスを許せるというか、そういう気持ちになったんじゃないか。自分でもよく分かってないんですけど、自然とそういう行動になったと思います」と振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス