文字サイズ

米山隆一氏 菅首相答弁できないなら自民議員の「共助」を、次に官僚の「公助」を

 米山隆一元新潟県知事が6日に投稿したツイッターで、菅義偉首相が国民に「自助」を求めながら国会の答弁で官僚の助けを頻繁に得ている姿に「筋が通らない」と指摘した。

 米山氏「総理の国会答弁こそまず『自助』で。それで答弁できないようなら公の官僚ではなく、麻生副総理筆頭に大臣、自民党議員の『共助』で。それでもだめなら最後に官僚の『公助で』お願いします」と菅首相が所信表明演説で国民に対し「自助、共助、公助」と「自助」を最初に持ってきたことを引用した。

 また、米山氏は「自分の答弁は真っ先に『公助』頼りなのに、国民にだけ『自助』を求めるのは筋が通らないでしょう」と投稿した。

 6日の予算委員会で、菅首相は日本学術会議が推薦した新会員候補6人の任命を拒否した問題について野党から質問を受けた。共産党の小池晃参院議員の質問を受けた際には即座に答弁できず、官僚から口頭で伝えられたり、資料を受け取る姿が目立った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス