文字サイズ

SKE荒井優希プロレスデビュー戦黒星 対戦の伊藤麻希「まだまだだな」

伊藤麻希選手(左)に必殺技「Finally」を決めるSKE48・荒井優希=後楽園ホール(撮影・出月俊成)
ロープ越しに締め上げられるSKE48・荒井優希=後楽園ホール(撮影・出月俊成)
伊藤麻希(右)の「伊藤デラックス」で敗れたSKE48・荒井優希=後楽園ホール(撮影・出月俊成)
3枚

 SKE48の荒井優希(22)が4日、東京女子プロレス後楽園ホール大会に参戦した。渡辺未詩(21)とタッグを組み、伊藤麻希(25)・遠藤有栖(23)組に挑んだが、プロレスデビュー星はならず。「悔しい」と唇をかみつつ「プロレスが楽しいという気持ちになれた」と前を向いた。

 対戦し、固め技「伊藤デラックス」で葬った伊藤は「デビュー戦にしてはよくやった方だとは思いますが、まだまだだなという感想ではあります」と荒井の実力を振り返った。荒井の必殺技・かかと落としを食らい「いいかかと落としでしたね」と評価しつつも「誰でもできる技じゃない。もっと磨いてほしいですね」と注文を忘れなかった。

 戦前には「興味ない。現状、SKE48の肩書に救われているヤツとしか思えないですね」と“眼中なし”を強調していた伊藤。この日も、荒井への採点求められると「(100点満点中)8点」と、相変わらず手厳しかったが「プロレスラーとして認めました。成長を楽しみにしてようと思います」と今後に期待を寄せていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス