文字サイズ

橋下徹氏、コロナ専門家へ「人流一辺倒は考え直さないと、ぐらいははっきり言って」

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が21日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGo Smile」で、新型コロナ感染者が激減した理由について、人流抑制を強く訴えていた専門家へ「人流一辺倒という考え方ではないと専門家はハッキリいってもらいたい」と訴えた。

 番組では最近になって感染が激減していることについて、ワクチン接種が進んだこと、夏休みの天候不順による人流の抑制などに加え、ウイルス自体が弱毒化しているのでは?という説が出てきていることを取り上げた。

 これに橋下氏は「これは専門家の皆さんもちょっと反省してもらわないといけない」と切り出し、「昨年来、専門家の皆さんも考えながらされてきたのは承知している。そこに人流というのも重要な要素というのは去年の段階ならそういう説も合理性があったが、状況が変わってきてウイルス自体が感染者数の増減があるんだとか言われるが、最初に間違ったのなら間違った、おかしかったらおかしかったと言えっちゅうんですよ」とコメントした。

 橋下氏は「それをみんな言わずに、ああでもない、こうでもないと後付け理由ばっかり言う」とも声を荒らげ「揚げ句の果てには若者の意識が変わったから?だから感染者が減ったって?ならば人流は関係ない」とも語り「人流もある程度関係するかもしれませんが、いろんな複合的な要素があるんで、人流一辺倒はちょっと考え直さないといけないぐらいは、はっきり言ってもらいたいのに、いまだになんやかんや人流現象のことを後付けで言うのは僕は違うと思う」とした。

 石井亮次アナは橋下氏が怒っている理由について「専門家集団が減ってきた理由をちゃんと話してねってことですね」と補足。橋下氏は「専門家が迷われていることは間違えなくて、それを責めるつもりはない」と前置きし「ただ、人流一辺倒という考え方ではないということを、専門家ははっきり言ってもらいたい」と訴えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス