文字サイズ

木下優樹菜、号泣 「脅迫」認定を謝罪後 芸能活動再開を発表「私にはこの仕事しか」

 元タレントの木下優樹菜さんが28日、ユーチューブ動画を配信。「判決が出ました」と切り出し、「今回自分のしてしまったことが、脅迫という結果になり、真摯に受け止めています」と涙声で謝罪。何度も「申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 都内のタピオカドリンク店の店長が、優樹菜さんにインターネット上で脅され精神的苦痛を受けたとして、1千万円の損害賠償を求めた訴訟で、27日に東京地裁は「脅迫行為に当たる」と認め、優樹菜さんに40万円の支払いを命じていた。

 動画で白シャツ姿の優樹菜さんは、泣きながら、反省の言葉を口にした。

 一方で「2年間、自分を見つめ直した」と語り、「こんな私でもファンの方や待っていてくれるみんながいます」と述べた。

 「私は人を笑わせたり、みんなが喜んでくれたりするのが大好きで、この2年何ができるかなと考え、皆の前に立って仕事がしたい気持ちが凄く強くて、この仕事しかできないと思いました」と心境を語った。

 「悪いことは悪いと認め、娘たちに恥ずかしくないように生きたいと思いました」とし、「働きたい、私も頑張りたいので、一から活動させていただきたく思います」と芸能活動を再開すると表明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス