文字サイズ

【12月1日のカムカムエヴリバディ】第23話 芋飴を売る安子、民家から聴こえる「英語会話」に夢中に…

民家から漏れ聞こえるラジオの「英語会話」に夢中になる安子(上白石萌音)
大阪のアビコ市場で、芋飴を売り歩く安子(上白石萌音)
2枚

 史上初3世代のヒロインを描くNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月曜~土曜8時・土曜は1週間振り返り放送)。12月1日は第23話が放送される。るいと生きるために必死な安子に、届いた光…。

 安子(上白石萌音)は試行錯誤を繰り返しながら芋飴を作るが、そう簡単には売れない。娘のるいを守る一心で自分はろくに食べもせず、働きづめの日々。そんな中、安子は住宅街の民家から漏れ聞こえる、英語の歌に出合う。平川唯一(さだまさし)という講師のラジオ「英語会話」第1回放送だった。安子は、それから毎日仕事終わりに民家の軒先に立ち寄り「英語会話」を夢中になって聴く。しかしある日、空き巣と疑われてしまい…。

 朝ドラ105作目の「カムカムエヴリバディ」は、母から娘へと3世代のヒロインが紡ぎ出す100年に渡るファミリーストーリー。戦前の岡山に生まれた安子を上白石萌音、娘のるいを深津絵里、孫のひなたを川栄李奈が演じる。脚本は「ちりとてちん」を手掛けた藤本有紀によるオリジナル作品。岡山・大阪・京都を舞台に、ラジオ英語講座と共に歩んだ彼女たちの心温まる物語を、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に描いていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス