文字サイズ

フジ倉田アナ「ゴン攻め」瀬尻氏の感謝コメントに仰天「ちょっと感動している」

 フジテレビの倉田大誠アナウンサーが2日、同局「めざまし8」で、自身が実況を担当した東京五輪スケートボード競技で、解説者の瀬尻稜氏の「ゴン攻め/ビッタビタ」が「新語・流行語大賞」トップテンに入ったことに言及。会場で披露されたコメントで倉田アナに感謝する言葉があり感動の面持ちを浮かべた。

 番組では前日に発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」を取り上げた。倉田アナがスケボー実況で叫んだ「13歳、真夏の大冒険」もノミネートされていたことから、倉田アナはリモートで発表を見守っていた。

 残念ながら「真夏の大冒険」はトップテン入りしなかったが、コンビを組んだ解説者・瀬尻氏の「ゴン攻め/ビッタビタ」がトップテン入りし「すごい!入りました」と大興奮だ。

 瀬尻氏は表彰式は欠席したがコメントを寄せており、そこで「自分が気負いせず自然体で話せたのは間違いなくパートナーを組んでくれた倉田アナウンサーのおかげです」という言葉があり、倉田アナは仰天。「倉田さんでなかったら、間違いなく今回のような結果にも絶対につながっていなかったと思う」と流行語大賞に選ばれた一助は倉田アナにあったと感謝を述べていた。

 これに倉田アナは「これ大丈夫ですか?すごい!稜君、ありがとう。ちょっと感動してます」とウルウルした表情。その直後、瀬尻氏のマネジャーから表彰式で渡された盾の写真が倉田アナに送られてきた。一緒に授賞した証ということなのかもしれない。

 倉田アナは「全員をリスペクトするという、スケボーカルチャーの精神、また一つ教えてもらいました」とスタジオでも感激コメント。永島優美アナは「オリンピックの前、(倉田アナと瀬尻氏は)毎日アナウンス室にこもって練習をされていた」と、影の努力を明かしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス