文字サイズ

NMB上西 自身最高36位「チャンス」

 「第7回AKB総選挙」(6日、福岡・ヤフオク!ドーム)

 NMB48・チームNの副キャプテンを務める上西恵(20)が、5度目の出馬にして過去最高の36位にランクイン。「ランクインさせて下さった皆さん、本当にありがとううございます!」と喜びを口にした。

 初ランクインを果たした一昨年は40位と健闘したが、昨年は58位とランクダウン。「悔しいと認めたくなかったけど、どんどん悔しさが募って…。NMBを辞めることも考えてしまいました」とショックは大きかった。

 そんな中、自ら“体を張って”転機を呼び込んだ。昨年10月から今年3月まで放送された、フジテレビ系バラエティー番組「※AKB調べ」で、メンバー投票の結果、「美乳」「美へそ」でグループ1位、「美尻」で6位、「美脚」で9位にランクインされ、グループ1の「パーフェクトボディー」と評され、話題となった。

 露出が増えたこともあり、引っ込み思案だった性格も徐々に変化。「自分の気持ちを隠さずに、伝えたいことは伝える」と誓い、ファンに接してきた。

 目標は32位以上のアンダーガールズ入り、さらにその上位の24位と公言してきた。速報では34位に入り、達成を見据えていたが、最終結果は惜しくも36位。それでも、5度目の挑戦で自身最高位を更新した。

 上西は壇上で、笑顔より悔しさをしのばせた表情。「去年の総選挙には58位にランクインさせていただいて、悔しいという気持ちがあったどうしても悔しいの一言が言えませんでした。だから今年は、ちゃんとした気持ちを伝えたいと思います」と切り出した。

 続けて「アンダーガールズ入りを目指していたので、悔しい気持ちは確かにあります。でも20位もランクアップして、票数もたくさん増えました。総選挙期間中、私と皆さんは一緒の気持ちだった音申し、総選挙に皆さんと本気になっていました。だからこそ、今、悔しいのはもちろんやけど、すがすがしい気持ちもあります」と、前年は出せなかった正直な気持ちをはき出した。

 最後には「この36位という順位は皆さんからいただいたチャンスだと思います。チャンスを生かせるかどうかは私次第。皆さん、本当に本当にすてきな順位をありがうございました!」と、笑顔でファンに宣言。さまざまな思いが渦巻く総選挙を締めくくった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス