文字サイズ

自殺の山本アナ 産後うつだった「子供育てる自信ない」携帯に遺書らしき未送信メール

産後うつだった山本真純アナウンサー
 【2010年7月29日付デイリースポーツ紙面より】

 27日に仙台市内のマンションから自殺とみられる転落死をした日本テレビ・山本真純アナウンサー(34)が第1子出産後の今年5月19日にうつ病と診断されていたことが28日、分かった。同日放送されたフジテレビ系の情報番組「とくダネ!」のインタビューに山本アナの実兄・山本慎輔さんが応じ、明らかにした。出産後の女性はホルモンのバランスが崩れることなどから“産後うつ”になりやすいとされる。明るい性格だった妹の突然の死を、兄は受け入れられない様子だった。

 山本アナの夫はマリンスポーツインストラクター。兄は「夫が海外で仕事をしている人なので、その中で出産して、両親の元で育児をしていた」と語った。仙台には、祖父に会わせるために行っていたという。

 兄によると、山本アナは2月に出産。約2カ月後に様子が変化したという。「(妹は)『すべてにおいて自信がない』と言っていたが、子育てなどはやれていました。やれているのにやれないっていう絶望感が襲っていたのは、うつの症状の一つと理解していました。子供のこと、だんなさまのこと、将来のことが引っかかっていた」。また、「子供を育てる自信がない」「明るい未来が見いだせない」などという電話もあった。その後、山本アナは5月19日に病院で診察を受けうつ病と診断されたという。

 「(妹は)よく『心臓に毛が生えてる』と自分で言ってました。明るく芯があって信念があり、よくできた自慢の妹でした」と、兄は苦悩の表情で振り返った。今回、インタビューに応じたことについて「うつに対しての理解や対応がもっと必要だったし、それを人に知らせなければいけなかった。(うつ病に)偏見を持たないでほしい。それを今後みんなに伝えていきたい」と話していた。

 なお番組によると、山本アナの携帯電話には「私を愛してくださったすべての皆さま、ありがとうございました」という文面の未送信メールが残されていたという。

  ◆  ◆

 「産後うつ」とは

 うつ病の一種で、出産後の女性の10%以上がかかるといわれる。出産後に「マタニティーブルース」と呼ばれる軽いうつの症状に陥る女性は20%以上とのデータもあり、2~3週間後にもっと重い症状に移行するケースが多いとされる。

 産後の女性はホルモンのバランスが崩れやすく、さらに赤ちゃんへの授乳で睡眠時間が取れなくなり、生活が不規則になることなどが原因に挙げられている。

 子育てや将来への不安などでひどく落ち込むようになるのが症状の表れ。症状は数カ月~約1年、長い場合には数年にも及ぶという。症状が深刻化すれば、自殺や乳児を道連れにした無理心中にも発展。乳幼児虐待も産後うつに起因する場合が少なくない。


関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス