文字サイズ

人気歌手 全米注目のショーを断った理由は「12月にダイエットしたくなかった」

 歌手のグロリア・エステファンは、2020年のスーパーボウルのハーフタイム・ショーへの出演をオファーされたものの、それを断っていたそうだ。

 1992年、95年、99年に同ショーへの出演経験があるグロリアは、米トーク番組『ウォッチ・ホワット・ハプンズ・ライブ・ウィズ・アンディ・コーエン』で、「12月にダイエットをしたくなかった」ため出演の誘いを断ったと冗談まじりにこう話した。「スーパーボウルは何度かやったことがある。12月にダイエットをするのが嫌だったのよ。だってクリスマスでしょ!」

 2020年、ジェニファー・ロペスとシャキーラはハーフタイムショーの共同ヘッドライナーを務める初のラテン系女性となったが、グロリアはそれが簡単なライブではないと明かし、マイアミのハードロック・スタジアムで行われた2人のパフォーマンスについてこう説明した。

 「結論から言うと、時間がとても限られているって事」

 「12分とか、それくらいの時間しかない。だから一人で良かったのかもしれないけど、マイアミとラテンの祭典を開催しようと、できるだけ多くのものを詰め込もうとした。結果、それをやり遂げたわ。素晴らしいショーだった」

 一方ジェニファーは最近のネットフリックスのドキュメンタリー番組で、ハーフタイムショーに2人の出演者がいることは「世界最悪のアイディア」だとし、このイベントの企画を嘆き2人にもっと時間が与えられるべきだったとして、「ダブルヘッドライナーになるのなら、私たちに20分与えてくれればよかったのに」とシャキーラに話していた。

 このコメントに対しグロリアは、「もし私が3番手だったら、ジェニファーが何を言ったか想像してみて。文字通り私は(自身の曲『コンガ』の歌詞である)『come and shake your body』って出て行ったでしょうね」と語った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

海外スターバックナンバー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス