文字サイズ

【ゴルフ】女子ゴルフ後半戦展望 メルセデスランク1位に輝くのは誰?大西翔太氏が大胆予想

 女子ゴルフツアーは今週の大東建託いい部屋ネットレディース(北海道・滝のCC)から後半戦に突入する。注目は今季の女子プロゴルファーNo.1には誰が君臨するか。

 今季から昨季までの賞金女王に替わりメルセデスランキングが女王を決める尺度になった。前々週のニッポンハムレディースまでの前半戦を振り返ると、1位は西郷真央で2位以下は山下美夢有、西村優菜、稲見萌寧、青木瀬令奈と続く。西郷がこのまま逃げ切るのか、はたまた誰かがまくってくるのか。本紙ゴルフ特集「ゴルスペ」で「女子プロ、ここがすごい!」を連載中のプロコーチ、大西翔太氏(30)に展望を聞いた。

 -大西コーチは青木プロを資生堂レディース優勝に導くなど今季も大活躍です。前半戦を終えた時点で、後半戦のメルセデスランキングレースを予想していただきます。まず、本命には誰を推しますか?

 大西「西村優菜プロですね。とにかくゴルフに対する向き合い方がすごい。すべての時間をゴルフに費やしていると言っても過言ではないくらいです。自分の気持ちを奮い立たせられるタイプなので、執念でパットを決めてくる。ショットの飛距離はそれほど出ない分、ユーティリティーが抜群に上手で、ほとんどワンピン以内につけてきて、それをことごとく沈めます。前半戦終了時点での順位は3位ですが、トップの西郷真央プロとの差は約300ポイントなので、このままトップまでいくと思います」

 -本命が西村だとすると、対抗は誰になりますか?

 「西郷プロと山下美夢有プロの2人です。西郷プロは今季初優勝を果たすと前半戦だけで5勝しています。いい流れに乗っていることが大きいです。技術的には極上のフェードの精度がすごい。特にアイアンは全部ピンに絡んできます。少しパットが入っていませんが、そこさえ修正できれば、十分に年間女王の可能性はあると見ます」

 -山下の強さはどんなところにあるのでしょうか?

 「とにかく曲がらないドライバーとパット力ですね。ゴルフの始まりと終わりの締め方がきれいです。ティーイングエリアから打つショットは、パー3も含めてまずミスしません。ティーアップできるところに強くて、最後の締めのパターは5、6メートルのバーディーパットを決めてくる。ドライバーはいいけど、パットが入らないとか、パットはいいけど、ドライバーは曲がるというのではスコアを作れませんが、山下プロにはそれがないわけです」

 -本命、対抗の3人を引っ繰り返すとすれば誰になりますか?

 「前半戦のポイントを見ると、4位が稲見プロ、5位が青木プロとなっていて、青木プロと6位の堀琴音プロまで100ポイント以上差があります。数字的に逆転可能なのは青木プロまでかと思います」

 -2人が逆転する上でポイントなる部分はどこですか?

 「稲見プロは今季は腰痛に苦しんだと聞いていますが、ここへきてかなりよくなったようです。トレーニングの部分がかみ合えば、技術的なものは問題ないので、再び連勝が始まる可能性もあるでしょう。青木プロはパターがいいですね。今年はグリーンに乗ったら、10メートル以内はチャンスなんです。パーオン率がもうひとつなんですけど、ここを上げていければ、これからさらに上を目指していけると思いますし、そうなれるように頑張ります」

 -最後にメルセデス女王には届かないまでも、大きく順位を上げてきそうな選手はいますか?

 「小祝さくらプロですね。今季前半戦はマイペースでやっている感じですが、やはり爆発力があります。1日で8アンダー、7アンダーを出せるのは小祝プロくらいです。また、体力面がズバ抜けています。長丁場のシーズン半ばで、この暑さもありますし、他のプロに疲れが出てくる後半戦ですから、グッと上位に上がってくる可能性があります」

 後半戦の戦いが楽しみです。ありがとうございました。

 ◆メルセデスランキング上位者(ニッポハムレディース終了時点)(1)西郷真央1581・20P(2)山下美夢有1454・56P(3)西村優菜1267・12P(4)稲見萌寧1216・23P(5)青木瀬令奈983・56P(6)堀琴音879・50P(7)小祝さくら876・15P※Pはポイント

関連ニュース

編集者のオススメ記事

オピニオンD最新ニュース

もっとみる

ランキング

主要ニュース

リアルタイムランキング

写真

話題の写真ランキング

注目トピックス