文字サイズ

新日本G1開幕・内藤も黒星発進 ザックの新技にタップ 左ヒザ負傷か

 「プロレス・新日本」(18日、エディオンアリーナ大阪)

 20選手がAとBの2ブロックに別れて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」が開幕。4年ぶり3度目の優勝を狙うAブロックの内藤哲也はIWGPタッグ王者のザック・セイバーJr.に敗れて黒星発進となった。

 テクニシャンのザックと技巧で互角に渡り合い、一進一退の熱戦を繰り広げた内藤。だが、ザックに古傷の両ヒザを集中攻撃されて、徐々にペースを握られてしまう。それでも終盤、ザックのザックドライバーをデスティーノで切り返し、再度デスティーノを狙ったが、ヒザ十字固めで捕獲される。

 さらに、ザックはインディアンデスロックとアームバーを複合した新技YES!I AM A LONG WAY FROM HOMEへ移行し、両腕と両足、さらに首まで極められた内藤はたまらずタップした。試合後、内藤は左ヒザを負傷したのかしばらく立ち上がれず、トレーナーのチェックを受けると若手レスラー2人の肩を借り、ふらふらした足取りで退場。ダメージのあまり、試合後はノーコメントだった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス