文字サイズ

RIZIN・萩原京平、昇侍KOで再起!年末ドミネーター戦、来年は未来と雪辱戦や

 「RIZIN・TRIGGER 1st」(28日、神戸ワールド記念ホール)

 メインイベントは萩原京平(25)=SMOKER GYM=と昇侍(38)=KIBAマーシャルアーツクラブ=がMMAルール66キロ契約5分3回戦で対戦し、萩原が2回1分19秒TKOで勝利した。

 10月のランドマーク大会で朝倉未来(トライフォース赤坂)に善戦及ばず敗れてからの再起戦だった萩原。自身と同じく打撃を得意とし、未来からアドバイスを受けたというベテランの昇侍に対し、スタンディングでは右ストレート、跳びヒザ蹴りなどを放って優位に立つが、昇侍は2度、3度とテークダウンに成功し、組み技では優位に立ち、残り10秒では激しく打ち合う場面が見られた。

 そして2回、またも萩原は昇侍に組み付かれて押し込まれたが、それをほどくと、右のアッパー、ストレートなどを次々発射。最後は右ストレートでぐらつかせるとラッシュを仕掛けて一気にストップを呼んだ。

 旗揚げ大会でメインイベンターの責務を果たした萩原はマイクを持つと「メインお仕事、ちゃんとできてましたか」と観衆に問いかけて満足顔。前日計量で周囲を心配させた左目の腫れはこの日も残っており、「この試合の5日前にありがたいことに、ものもらいをいただきまして」と事実を明かし、「今日も調子悪い状態やったんですけど、これがあったから勝てたのかなと思います」と笑顔を見せた。

 続けて、「今回、大きなケガなく終わったし、年末暇してるんで、オファーあれば試合したいんで、大みそかも待ってます」とアピール。セミファイナルで中田大貴(和術慧舟會HEARTS)に判定勝ちした堀江圭功(ALLIANCE)との対戦を希望していた事を明かしつつ、右手を負傷したと思われるため、「年末は出て来ることはないと思う」と判断し、「前から言っていたドミネーター選手、大みそか、ヒマしてんやったら試合しましょうよ」と弥益ドミネーター聡志(teamSOS)に対戦を要求した。

 インタビューでは、ドミネーターを指名した理由を「もともと朝倉戦以前はドミネーター選手とはやりたかった。振り出しじゃないですけど、そこにもどって積み重ねていってやろうかなということで、指名させていただきました」と説明。さらに、「年明け、取りあえずは朝倉未来にリベンジして、ベルトを取りたい」との野望を語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス