文字サイズ

侍ジャパン 青柳が炎上 痛恨の3ラン被弾にぼう然 強烈連打から左中間席へ運ばれる

 3点を失った5回を投げ終え、ベンチに戻る青柳(左)=撮影・高部洋祐
 5回、カサスに勝ち越し3ランを浴びた青柳
5回、米国打線に打ち込まれる青柳(左)に声をかける梅野(撮影・高部洋祐)
3枚

 「東京五輪・野球・準々決勝、日本-アメリカ」(2日、横浜スタジアム)

 五回から2番手で登板した青柳が炎上。痛恨の一発を浴びた。

 味方が追いついた直後の五回からマウンドへ。先頭アルバレス、オースティンにともに火の出るような中前打。無死一、二塁とピンチを招いた。ここでカサスに左中間席へ3ランを被弾した。

 青柳はぼう然とした表情を浮かべたが、稲葉監督は続投を選択。フレイジャーにも左前打を浴び、4連打となった。この後、1死一、二塁とされたが、ロペスは二ゴロ併殺打に仕留めた。

 青柳は初戦のドミニカ戦でもリリーフ登板したが、1イニング持たず、3安打2失点。リベンジを誓っていたが、またも本来の力を発揮できなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス