文字サイズ

阪神・藤浪 “桐蔭魂”でローテ入りや!母校夏切符に刺激 先発テスト2戦目へ

 3日のオリックスとのエキシビションマッチ(京セラ)で先発予定の、阪神・藤浪晋太郎投手(27)が2日、“桐蔭魂”で後半戦のローテ入りを勝ち取る決意を示した。1日に、接戦を制して夏の甲子園出場を決めた大阪桐蔭ナインから「粘り強さ」の大切さを実感。及川、二保らとの先発枠争いを制するためにも、粘り強い投球を披露して首脳陣をうならせる。

 後半戦でのローテ返り咲きを狙う藤浪にとって、真価の問われるマウンドとなる。今季の開幕投手も務めた右腕だが、現状は先発枠争いに挑戦する立場。先発再転向2戦目、どん欲に求めていくのは「結果」の2文字だ。

 「アピールするしかないですし、『藤浪を使いたいな』と思ってもらえるような投球をできたら。しっかり結果を出すことが大切」

 後輩たちの奮闘が発奮材料にもなった。1日の大阪大会決勝で母校・大阪桐蔭が興国にサヨナラ勝ち。「準決勝、決勝ともに苦しい試合でしたが、負けないところが大阪桐蔭の強さ」と“桐蔭魂”に感銘を受けた。

 そんな大阪桐蔭ナインの諦めない姿勢が、藤浪の心にも火をつける。「(母校の)粘り強さを見習って自分も(粘り強さを)出していければ」。パ・リーグ首位に君臨する強力オリックス打線にまずは投球で証明したい。

 7月27日・ロッテ戦では4回3安打2失点。今回は変化球の精度をテーマに掲げている。2日前の投球練習ではカーブなどの変化球を多投し、指先の感覚を入念に確認した。「対打者、試合でどれだけ精度良く投げられるかが課題になってくる」と冷静に語った。

 この日は甲子園での投手指名練習で調整。及川や二保らと先発1枠を争う立場だが、一時帰国していたガンケルのコンディション面を考えると、後半戦開幕からのローテ入りが確実ではないため、先発入りのチャンスは大いにある。ライバルに負けじと快投を演じ、後半戦ローテ入りの切符をたぐり寄せる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス