文字サイズ

阪神必勝態勢 矢野監督、1点追う二回に早くも青柳に代打 勝負手は実らず

 2回、矢野監督(奥)に代打を送られベンチへ下がる青柳(撮影・田中太一)
 2回、一塁へ悪送球する糸原(撮影・山口登)
 2回、代打の小野寺はバットを折られ遊飛に倒れる(撮影・山口登)
3枚

 「阪神-中日」(26日、甲子園球場)

 矢野監督が勝負に出た。1点を追う二回、2死三塁で坂本が四球を選び、一、三塁とした場面だ。次打者でこの日、先発を務めた青柳に代打・小野寺を送った。結果は中日先発・小笠原にバットを折られる形での遊飛に。勝負手は実らず、無得点に終わった。

 三回のマウンドには及川が上がった。今季最終戦となる試合だが、阪神は他の先発陣をベンチにはスタンバイさせる策を取っておらず、この後も小刻みな継投に出るとみられる。

 現在のヤクルトのマジック「2」。阪神が敗れ、ヤクルトがDeNAに勝利すれば、ヤクルトのリーグ制覇が決まる。

 青柳は自己最短となる2回を42球を投げて被安打4、失策による1失点だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス