文字サイズ

阪神 佐藤輝がすべて得点につながる3安打 「束になって、つないで点が取れた」

 8回、安打を放つ佐藤輝(撮影・田中太一)
6回、佐藤輝は右中間に二塁打を放つ(撮影・山口登)
 6回、糸原の勝ち越しタイムリーで生還しタッチを交わす近本(左)と佐藤輝(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神6-4中日」(24日、甲子園球場)

 阪神の4番、佐藤輝明内野手(23)が今季5度目の3安打猛打賞。すべての安打が得点を呼び込み、勝利に大きく貢献した。

 前回対戦で延長十回を完封された大野雄に対して、「いい投手なので『どんどん振っていって、追い込まれる前に』とミーティングでも言われした。自分なりに(配球を)読みながらは立っていました」。しっかりと頭を整理して臨み、二回には先頭で中前打を放ち、青柳の2点適時打を呼び込んだ。

 さらに六回は1死一塁から詰まりながらも右中間に落とす二塁打で好機を広げ、糸原の勝ち越し打につなげた。八回の左前打も、梅野の決勝2点適時打を引き出した。「チームで束になって、つないで点が取れたので。前回のリベンジができたと思います。先頭で出ることでも点につながったし、それはよかったです」と充実感を漂わせた。

 打率は・276まで上昇。真夏の反攻へ、佐藤輝にかかる期待は大きい。頼れる4番は「きょう勝ったので。甲子園ですし、勢いに乗っていけるように頑張っていきます」と前を向いた。

2022-08-19
2022-08-18
2022-08-17
2022-08-16
2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス