文字サイズ

阪神・矢野監督 鉄壁リリーフ陣に「頭が下がる」湯浅を称賛「素晴らしかった」

 8回、無失点で切り抜け、笑顔でベンチへ戻る湯浅(撮影・飯室逸平)
 6回途中で降板となった西勇(撮影・飯室逸平)
 4回、2ランを放って生還したロハス(24)を笑顔で出迎える矢野監督(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島2-3阪神」(5日、マツダスタジアム)

 阪神が1点差を逃げ切り。リリーフ陣の奮闘が光った。

 特に、八回に4番手でマウンドに上がった湯浅がチームを救った。先頭の野間に安打を許して無死から走者を背負う。さらに菊池涼の送りバントに抜群のフィールディングで対応して二塁に送球するも、ベースカバーに入った中野の対応が遅れて無死一、二塁にピンチが拡大した(記録は中野の失策)。

 だが、ここから湯浅がギアを上げ、秋山を左飛。マクブルームと坂倉は連続三振に仕留めた。矢野監督も「しっかり踏ん張ってくれたっていうのは、自信になると思うし、今日の勝ちにつながったと思うし。素晴らしかったです」と絶賛した。

 先発・西勇の後を無失点でつないだ岩貞、浜地、湯浅、岩崎について「もう頭が下がるというかね。こういう苦しいところで登板していくっていうのが続いてくると、どんな場面いっても、大丈夫っていう自信や成長にはなると思うんで」とうなずいた。

2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19
2022-07-17
2022-07-16
2022-07-15
2022-07-14

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス