1. ホーム
  2. うま屋

【天皇賞】良質なスピード受け継ぐスマートファントム 3代母・ターンツーダイナがスタミナの源

続きを見る

 「天皇賞(春)・G1」(28日、京都)

 馬柱で目にする“藤岡康”の名を見ると胸が締めつけられる思いだが、われわれは彼が愛した競馬の火を絶やしてはならない。天皇賞・春には、彼の手綱で条件戦を連勝し、初めてG1に挑戦するスマートファントムがエントリーしてきた。

 父は、多種多彩な産駒を輩出しているハービンジャー。昨年のマイルCSを制したナミュールの名にグッとくるが、長めの距離でも18年有馬記念の覇者ブラストワンピースや、国内外のG1を制したディアドラ、17年エリザベス女王杯を制したモズカッチャンがおり、日本競馬への高い適性を見せている。

 母のスマートアイリスは未出走に終わったものの、ディープインパクト産駒で、半兄に06年京王杯2歳S&08年スワンSを制したマイネルレーニアがいる快速系。ノーザンテースト-サクラユタカオーの流れを受け継いでおり、良質なスピードを後世に伝えている。

 同馬に関しては、3代母のターンツーダイナがキーポイント。サンデーサイレンスとの間に生まれたハヤベニコマチは10年の春盾覇者ジャガーメイルの母。長丁場に対応できるスタミナの源はここにあり、さらにはタフな馬場をこなせるパワーも兼ね備えた。実績では見劣るものの、ひと雨降れば面白い存在となる。岩田望とのフレッシュなコンビにロマンを託す手はある。(デイリースポーツ・松浦孝司)

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

関連ニュース

ニュース

 マイルG12勝目を狙うセリフォス

NEW 2024.5.28

【安田記念】セリフォス 強力香港コンビ“来襲”も現役最強マイラー証明だ ひと叩きで確かな効果

 「安田記念・G1」(6月2日、東京) 強力な香港コンビの“来襲”にも、日本のマイル戦では負けられない。…

一覧を見る

馬体診断 - 安田記念

ソウルラッシュ

安田記念

セリフォス

安田記念

ナミュール

安田記念

パラレルヴィジョン

安田記念

フィアスプライド

安田記念

ガイアフォース

安田記念

レッドモンレーヴ

安田記念

ウインカーネリアン

安田記念

コレペティトール

安田記念

ドーブネ

安田記念

ダノンスコーピオン

安田記念

ジオグリフ

安田記念

ステラヴェローチェ

安田記念

ソウルラッシュ

セリフォス

ナミュール

パラレルヴィジョン

フィアスプライド

ガイアフォース

レッドモンレーヴ

ウインカーネリアン

コレペティトール

ドーブネ

ダノンスコーピオン

ジオグリフ

ステラヴェローチェ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

5月26日 京都10R

3連単
27,730円的中!

松浦孝司

松浦孝司

5月26日 東京4R

3連単
25,770円的中!

刀根義郎

刀根義郎