文字サイズ

松山競輪 モーニング競輪CTC杯争奪戦

【松山競輪】吉川美穂が自身初となる完全V、3場所連続Vを決める

自身初の完全Vを狙う吉川美穂

 「モーニング競輪・CTC杯争奪戦・F2」(9日、松山)

 8日に行われた2日目は2~4Rでチャレンジ戦の準決、5、6Rでガールズの予選2が実施された。

 チャレンジ戦は2Rで田中要(宮崎)、3Rで長松大祐(大分)、4Rで塩崎隼秀(愛媛)の121期の3人が1着。それぞれ連勝での勝ち上がりを決めた。

 ガールズも5Rで増田夕華(岐阜)、6Rで吉川美穂(29)=和歌山・120期・L1=が勝利。こちらもともに初日からの連勝で決勝に進出した。

 9日の最終日は4Rでチャレンジ決勝、6Rでガールズ決勝が行われる。チャレンジは自力型が多くそろったが、ライン3車で結束する九州勢の番手を回る長松、ガールズは自身初となる3連勝での完全V、3場所連続Vを狙う吉川を本命視した。

松山競輪特集ニュース

【松山競輪】塩崎隼秀が地元バンクでデビュー初Vに挑戦

地元でデビュー初Vを目指す塩崎隼秀

 「モーニング競輪・CTC杯争奪戦・F2」(9日、松山)  地元バンクでデビュー初Vへ挑戦する。地元の塩崎隼秀(21)=愛媛・121期・A3=は初日4Rを2角まくりで2着に大差をつけて圧勝。

レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス