文字サイズ

松山英樹 マスターズVの証“グリーンジャケット”は「常に持ち歩こうと」

 男子ゴルフの「マスターズ・トーナメント」で優勝し、日本人選手として初めて海外メジャー大会を制した松山英樹(29)=LEXUS=が14日、リモート形式での会見に、優勝者の証であるグリーンジャケット姿で臨んだ。

 13日に帰国したという松山。ゴルファーの憧れであるグリーンジャケットを「さすがにずっと着てるのはあれなので、ずっと腕に持っていました」と肌身離さずにいたと明かした。

 今後についても、「常に持ち歩こうとは思っていますけど、どこかに置いてなくなるよりは、自分が持っている方がいいと思います。着ることはないにしても、手には持っていると思います」と大切に扱うと話した。

 マスターズの優勝者には“やらなければいけないこと”もある。来年の大会では、チャンピオンズ・ディナーという開幕前に歴代優勝者が集う会合がある。前年覇者はそのメニューを考案するのだが、「どういうものを出せば一番いいのか、想像もつかない世界なんで、時間はあるので、しっかりと考えてやっていきたいと思います」と、語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス